40歳前後から「隠れ肥満」になる人が増えています。日本の基準では、腹まわりが男性で85センチ以上、女性で90センチ以上あると、内臓のまわりに体脂肪がたまりすぎた「内臓脂肪型肥満」と見なされます。
スマート黒しょうがは、代謝を上げるダイエットサプリなのでその「内臓脂肪型肥満」の解消や予防に役立ちます。

本当に解消や予防をしておかないとこの「内臓脂肪型」が”危険な肥満”なのです。同じ肥満でも、若い人の肥満のほとんどは、皮下に脂肪がたまる「皮下脂肪型肥満」です。皮下脂肪は生活習慣病の引き金にはなりません。むしろいざというときに使えるようにエネルギーを貯蔵したり、体を保温したりする役目を持っています。女性の場合、妊娠・出産には必要不可欠です。

一方、内臓の周囲にたまった体脂肪は、糖尿病や高血圧、動脈硬化、心臓病といった生活習慣病の原因になります。高血圧・脂質異常(血液中のコレステロールや、中性脂肪が異常に多い状態)・高血糖のうち、2つ以上の症状が重なった状態が俗に言う「メタボ」です。
40歳あたりから体重は標準の範囲でも体脂肪率が高いという人が増えています。この「隠れ肥満」状態になるとどんなに昔と体型が変わっていなくても「メタボ予備軍」です。

スマート黒しょうがはエネルギー消費量が増える

 20代と40代とで、1日に「食べる量」と「消費する量」のバランスを比較してみましょう。消費する量は、体を維持するためのエネルギー消費量(基礎代謝量)と、体を動かすためのエネルギー消費量(活動量) を合わせたものです。しかし同時に40代になれば20代のころより食べる量は減るでしょう。
その分、活動量もガクンと減ります。仮に食べる(ごはん茶わん1杯分ほど) 量が150キロカロリー減っても活動量が半分に減れば、毎日225キロカロリーも余る計算になります。

3カ月では約2キログラム。これが体脂肪となって体内にたまってしまいます。極端に言えば、100グラムのハンバーグ20個分の脂肪があなたのお腹に加わるようなものです。これは放ってはおけません。
歳をとると自然に減る活動量を、がんばって20代のころと同じに保ったとしても「基礎代謝量の低下」という落とし穴があります。しかし、逆に考えれば、基礎代謝量が落ちる根本原因の「老化」を抑えられればそれが「太らない体」づくりへの近道となります。

ただ、老化を防ぐことなんて人間誰しもできるわけはありません。だから「スマート黒しょうが+生酵素」が基礎代謝や活動量にガツンと効いてくれるわけです。